「アッペトッペ・オガル=カタカナシ記念公園」開催

せんだいメディアテークartnodeプロジェクトでのアーティストインレジデンスプログラムで企画制作をしてきたが、仙台市営地下鉄東西線国際センター駅2階にて開催中です。非常に短期間な準備期間だったにも関わらず、沢山の団体や方々にご協力いただきながらオープンする事ができました。先週末から様々なワークショップや公演が開催され、おかげさまで賑わっています。12/26までの開催です。
今回は天江富弥、スズキヘキという仙台の児童文化や郷土文化を牽引して来た2人の巨人をテーマに構成した展覧会です。既に今回の展覧会では収まらず、来年以降のスピンオフプロジェクトがいくつか立ち上がらなければ収集が付かなくなって来ている程に、潜在的なエネルギーを秘めた内容になっています。一見、子どもの遊び場の様なこの空間は、大人子どもや年寄り子どもにとっても奥の深い内容になっています。是非是非ご高覧頂ければ幸いです。
アーティストインレジデンスという性格上、広報が後発になってしまいましたが、とても良い内容のプロジェクトになったと自負しています!
https://artnode.smt.jp/katakanashi15622325_754284738080443_6102761305738683136_n.jpg