特定非営利活動法人サロン2002 公開シンポジウム2105 でSkin projectの展示があります。

明日、シンポジウムの会場にて靴郎堂本店と行っているSkin projectの展示があります。また、靴朗堂本店の佐藤一朗さんもシンポジウムに参加します。

————

特定非営利活動法人サロン2002は、スポーツを通しての“ゆたかなくらしづくり”を“志”とするNPOです。
私たちは、文化としてのスポーツには、さまざまな社会問題を解決する潜在的な力があると信じています。また、社会問題と接することによってスポーツの持つ可能性が広がり、文化としてのスポーツが人々のくらしの中に根付くようになってほしいと願っています。
NPO法人化して最初の公開シンポジウムを開催するにあたり、私たちは“志”をそのままシンポジウムのテーマといたしました。

国内外において「スポーツを通しての“ゆたかなくらしづくり”」に取り組むさまざまな団体が集い、互いの活動を紹介しあい、“同志”のネットワークをつくり上げることが一つのねらいです。またこの機会に、ほんとうの意味での“ゆたかなくらし”とは何か、自分たちには何ができるかについて考え、次の行動につながるヒントが得られれば幸いです。
さまざまな立場の方が、立場を越えて交流できる場となることを願っています。ぜひお越しください!

なお、NPO法人サロン2002の概要とこれまでの公開シンポジウムについてはホームページをご覧ください。
http://www.salon2002.net/

主 催 : 特定非営利活動法人サロン2002
後 援 : Penya Blaugrana Tokyo、NPO法人GEWEL、認定NPO法人クラブネッツ(ほか募集中)

日 時 : 2015(平成27)年7月4日(土) 15:30~18:00 (受付15:00~)

会 場 : 筑波大学東京キャンパス1F 119講義室(〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1)
丸の内線茗荷谷駅下車「出口1」徒歩2分程度

プログラム :
15:30 開会挨拶:中塚 義実(NPO法人サロン2002理事長)

15:45 事例発表「スポーツの活用可能性とは?」(各25分)

1)スポーツを通したダイバシティー社会の実現、CSRとしてのスポーツの捉え方
演者:村松 邦子(Jリーグ理事、株式会社ウェルネス・シ
ステム研究所 代表取締役)

2)開発と平和のためにスポーツが果たす役割
演者:山口 拓(筑波大学助教、NPO法人ハートオブゴールド元理事)

3)スポーツのネットワークを活用したネパール大地震復興支援活動
演者:小林 洋平(NPO法人ネパール野球ラリグラスの会

17:00 パネルディスカション「スポーツでゆたかなくらしを!」
パネリスト:上記1)〜3)の3名、(フロアを交えての意見交換)

18:00 閉会

コーディネーター:岸卓巨(特定非営利活動法人サロン2002理事)

展示:「スキンプロジェクト」 佐藤 一朗(靴朗堂本店、靴創家)

参加申込:サロン2002ホームページもしくはサロン2002公開シンポジウム参加申込フォームからお申し込みください http://bit.ly/PvAguJ

参加費 : 2,000円

事務局 : 春日大樹  ※お問い合わせは salon2002.info@gmail.comまでお願いします。

11425140_10207081086484869_1655652357555144549_n

広告